ブログ

地鶏はコレステロールが高いのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

土佐はちきん地鶏のはちきんちゃんです!

今日は鶏肉とコレステロールの関係についてお話します!

 

コレステロールの必要性

ダイエットや健康と関係のあるコレステロールですが、過剰なコレステロールは動脈硬化の原因になります。

一方、不足しすぎても問題はあります。コレステロールが不足すると血管がもろくなり、脳出血などが起こりやすくなると言われています。

とはいえ現代人の食事はコレステロールが高い食事が多く、コレステロールを気にしている人も多いはず。

以下ではコレステロールの低い食品についてお伝えします。

 

どの食べ物がコレステロールが多いのか

コレステロールは卵や内臓に多く含まれています。

鶏の卵なんかはコレステロール値が高いため、毎日摂取ではなく多くても週3くらいに抑えた方がいいと言われています。

 

鶏肉とコレステロール

皆さんが一番気にするのはお肉の部分だと思います。

肉類はコレステロールが多いと言われていますが、実際は部位によって異なります。

牛肉ですと白い脂ののったバラや、鶏でいうと皮のついたもも肉なんかは脂分が多いです。

 

一方、ヘルシーの代名詞である鶏のむね肉なんかは脂が少なく、コレステロールの含有量も少ないです。

コレステロールを気にしている方、ダイエットを成功させたい方は是非むね肉をおススメします!

鶏のむね肉がダイエットにオススメの理由

 

日本一美味しいと言われている、パサつかない土佐はちきん地鶏のむね肉はコチラ!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 地鶏とダイエットの関係について
PAGE TOP