ブログ

鶏肉なら何でもOKは間違い!?ダイエット中の肉の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは土佐はちきん地鶏のはちきんちゃんです!

 

皆さんは、ダイエットの時どんなお肉を食べますか?

牛・豚・鶏、さらに部位別に色んなお肉があります。

そのため、どう選べばいいか迷うこともあるでしょう。

そのようなときには、ぜひ次のことを参考にしてみましょう!

 

3種のお肉の中では圧倒的に鶏肉!

ヘルシーといえば鶏肉と言われるように、鶏肉はダイエットに効果的です。

特にむね肉、ささみはヘルシーの代名詞、ダイエットや筋トレとセットで食べられる部位です。

 

ところがささみ、むね肉ならなんでもいいわけではないんです。

その中でも特に地鶏は本当にオススメです。

(私が地鶏だから地鶏を推しているのかというとそうではないんです!)

下記の画像をご覧ください。

見ての通り狭いスペースでギュウギュウに育てられるブロイラー鳥と

歩き回れる、走り回れる地鶏とでは圧倒的に体にたまる脂肪が異なるんです。

それもそのはず、地鶏には規格があり、1㎡当たりに飼える鶏の羽数が決まっているんです。

地鶏の規格について詳しく知りたい方はコチラ

 

皆さんも食べたことあると思いますが、

ブロイラーってやわらかくて、地鶏って歯ごたえがあるという記憶はあると思います。

確かに鶏の養鶏日数によってお肉の硬さは変わるのですが、

ブロイラーがやわらかい理由の一つに脂質が高いというのもあります。

 

皆さんも普段家でじっとしているのと、ウォーキングを毎日しているのとでは

自分の体の中の体重、脂肪は明らかに変わってくるのが分かると思います。

(実際にブロイラーと地鶏の同じ部位を焼き、食べ比べてもらうと油の量が圧倒的に違います)

 

一方で皮やももの部位は脂質も多いので料理の時は注意です!

もも肉を料理するときは皮を取っておきましょう!それだけで油がだいぶ減ります。

 

更に鶏は育つ環境によって味が変わります。

特に歩き回ることができて、ストレスのない鶏は鶏肉の臭みがないと言われています。

実際、地鶏は臭みがなく本当にヘルシーで美味しいです。

 

 

結論

牛・豚・鶏の中では圧倒的に鶏がヘルシー。

鶏の中でもむね肉、ささみがオススメ。

同じ鶏でも地鶏の方が脂質が少なく、臭みが無く美味しい。

ぜひ適切なお肉を上手く選んで、ダイエットや脂肪減少を成功させたいものですね。

ヘルシーで美味しい、土佐はちきん地鶏のむね肉はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 土佐はちきん地鶏の安全性について
  2. 土佐はちきん地鶏の通販がオススメなわけ
  3. はちきん地鶏はなぜお取り寄せでも美味しいのか
  4. はちきん地鶏と土佐ジローの違いについて
PAGE TOP