ブログ

世の中に食鶏ってどのくらいいるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土佐はちきん地鶏のロゴ

こんにちは!

土佐はちきん地鶏のはちきんちゃんです!

今日は鶏の羽数についてお話しします!

 

全国の鶏の出荷羽数

結論から言いますと全国の鶏の出荷は数は約7億羽です! ※参照元:鶏鳴新聞

な、ななおく、、、

そのくらい鳥って出荷されてますし、ご自宅で家庭料理に愛されたお肉なんですね。

※ちなみに昔は日本人の消費肉1位は豚肉でしたが、平成24年以降豚肉を抜いて鶏肉が1位になっています。

(ちなみに鶏って西高東低って言われるくらい九州での消費量がすごいと言われています。)

 

地鶏の羽数

地鶏の年間の処理羽数は571万羽と言われています。

ん?571万羽もいるの?と思われがちですが、

鶏全体が7億羽に対して、571万羽。

つまり世の中の鶏の1%未満しか出回っていないんです。

 

土佐はちきん地鶏の羽数

 

土佐はちきん地鶏は年間7万羽です。

地鶏の全体の鶏の0.01%とかなり希少性の高い鳥なんです。

高知の自然豊かな山の中で育てられているので飼育量にも限りがあり、珍しい鳥になっています。

ちなみに地鶏といえば、名古屋コーチンさんや比内地鶏さんが有名ですが、

出荷量日本1の地鶏は200万羽ほど出荷している阿波尾鶏さんとなっています。

まだまだ土佐はちきん地鶏も頑張らなければいけませんね!

土佐はちきん地鶏について詳しく知りたい方はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. はちきん地鶏お試しセット 鶏をいつまでも美味しく食べる方法
  2. はちきん地鶏と土佐ジローの違いについて
  3. 鶏の良さについて(牛と豚との違い)
  4. 土佐はちきん地鶏ってどういう鶏?
  5. 地鶏の種類ってどのくらいいるの?
  6. はちきん地鶏はなぜお取り寄せでも美味しいのか
  7. はちきん地鶏の養鶏場の画像 鶏の飼育期間ってどのくらい?
  8. 土佐はちきん地鶏の安全性について
PAGE TOP